読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきの日記

気ままに書きます

ひとりぼっち惑星②

連日の更新です、今回は画像が沢山あります。

昨日紹介した、「ひとりぼっち惑星」というゲームで進展があったので報告します。

ついにメッセージの受信に成功しました。一部抜粋、画像を用意したので是非一緒に読みましょう。

f:id:yuki-no-blog:20160626002117j:image
自給自足システムを開発し、移民船ノアは新たな移住可能な惑星を目指して宇宙に出たようです


f:id:yuki-no-blog:20160626002133j:image
全人類が船に乗れるわけではないので、金や権力で船に乗る権利を奪っています。

f:id:yuki-no-blog:20160626002341j:image
このメッセージを書いてる方はどうなんでしょうか、妻や娘のために他人を蹴落とした、これは善なのか悪なのか判断できませんね。

蹴落とされた人にも家庭があるかもしれませんし、その人の妻や娘はどうなるんだ、と考えると何とも言えない気持ちになります。


f:id:yuki-no-blog:20160626002641j:image
やはり船の中でも強い者が制する、憤りを感じるというより悲しさの方が勝ってます。


f:id:yuki-no-blog:20160626002728j:image
f:id:yuki-no-blog:20160626003755j:image
f:id:yuki-no-blog:20160626002740j:image
様々な苦労の後、船の回避運動を取る行為を任されたそうです。ですが、彼は、


f:id:yuki-no-blog:20160626002834j:image
小惑星を回避するつもりはないと言っています。
そして、メッセージはこう締めくくられています。

f:id:yuki-no-blog:20160626002956j:image
f:id:yuki-no-blog:20160626003020j:image
自己への嫌悪だけでなく他人への嫌悪を感じ取れます。
他人を蹴落として生きようとした醜さ、家族を救えなかった情けなさ、人としての醜い部分への嫌悪、様々な感情が渦巻いています。


上手く言葉にまとめられませんが、人間は嫌な部分が、もちろん自分を含めてあるということが改めて実感されました。

引き続き他のメッセージの受信を試みたいと思っています。