読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきの日記

気ままに書きます

〔8/16〕夏休み27日目:「ゆきがよく喋る(前編)」

さて、先日募集しましたお題について、早速頂いたので話を掘り下げてみたいと思います。



「好きな異性について(次元は問わない」

僕の性別は非公開という事になっているのですが、男と仮定して話を進めます、なんて冗談で本当に男ですが。

次元は問わないとの事ですが、まずは1次元から話を進めていきたいと思います。

1次元の概念を調べた所、空間の次元が1つある、つまり直線のような存在であるという事が判明しました。

ここに異性の存在が観測出来ない為割愛しますが、2つの次元で構成された物が2次元との事らしいですが、1つの曲線のみで構成される円は2次元に属するのでしょうか、その場合は、例えばただの円が主人公のアニメを制作した場合、それは1次元なのでしょうかという疑問が露呈しました、教えてくださいエロイ人。


さて、真面目な話に戻して、2次元について考えていきましょう。

2次元での好きな異性、ドジっ子、貧乳、男性恐怖症、ボクっ娘、大家族の長女、才能の塊、大人びた姉、元気な妹、ツンデレ、おっとり、沖縄っ子、ミステリアス、眼鏡っ子、元アイドル、様々な属性がいますね。

これだけではありませんが、思い付く限り適当に羅列してみました、意図はありません。

1番初めに見たアニメ、記憶に残っていてさらに故意に見た物に限ると、1番初めに気に入ったキャラクターはけいおん!中野梓だったと覚えています。

あれは4年強前、何かのきっかけで初めて、語弊を招く恐れがありますが、いわゆる萌えアニメを見た時でした、中野梓というキャラに強い好意を抱いたと思います。

多分、まずは顔が好みでした、僕はあまり後輩というか、年下が好きではないのですが、その当時はあまり年齢を意識していなかったのでしょうか、それともツインテールが好みだったのでしょうか。

長いツインテールは2次元の特権ではないかと思います、そもそも、2次元のツインテールは生えてる場所がおかしいんです、さらに、生えた後の挙動もおかしいです。

現実でやってしまうならば間違いなく垂れ下がってしまいます、さらに、長さの関係で、ツインテールを生やした時に丁度良い長さにしてしまうと、髪を解いた時に長過ぎとなってしまいます。

これは現実では仕方ありませんね、アニメの特権です。

他のアニメで好きなキャラも挙げていきましょうか。

アイドルマスターより我那覇響さん、俺の妹がこんなに可愛いわけがないより新垣あやせさん、涼宮ハルヒの憂鬱より鶴屋さんシュタインズ・ゲートよりフェイリス・ニャンニャンさん。

ここまでだと全員ロングヘアです、潜在的に好みなのでしょうか。

全員わりとよく喋るキャラです、物静かな子はいません。(新垣あやせさんは物静かに見えますが、意外と喋ります)

男は、猫に弱いのでしょうか、にゃんにゃん言ってる女の子が好きなのでしょうか、そういえば、前川みくさんも好みでしたが、中野梓さんもフェイリス・ニャンニャンさんも猫キャラですね。

でも、アニメを見る時に明確な差別化はあまりしていません、誰かを可愛いと思う事はありますが、それが、他の子も可愛いと思えてきて、目移りして、最終的に「みんな可愛いじゃん」という話になってしまうので(良い例がアイドルマスター)

意外と共通点がなくて何ともし難い感じですが、ツインテールは好きです。

こんな感じで掘り下げた事になるのでしょうか?

前編後編で分けたいと思っていますので、明日は3次元編となります、数行で終わる可能性もあるのでご了承ください。


追伸、楽器が直りましたのでずっと弾いてしまっています。