読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきの日記

気ままに書きます

自分とか将来についての考え事

高校に入ってから半分以上は経過したのかな。

 

昔の俺はというと「スマートでかっこよくて楽しい」人間になりたいとばかり言っていたし、実際そうなるように色々考えたり実行していたりもした。

 

思い描いていた高校生活とは程遠い、そりゃあ僕の思い描く高校生活なんて都会じゃ実現しそうにもないのだけれどさ、大学を重視する高校に入ってしまったのでそれなりに勉強もしないといけない。

 

これを良いように捉えれば大学にちゃんと視点を合わせてくれてるから生徒としては楽なのだろうけど、そこまで勉強に気が入っていなかった身からするとなんとも微妙な心境ですね。

 

ふと、思い描くような人間になれたかなと思ったから書いてみたまでなんだけど、多分、高校は遊べる場所じゃない、やりたい事を全力でやれる感じじゃないなと思ったのは確か。

 

別に場所が一概に悪いとか、大学なら遊べるとかそういう意味じゃないんだけど、時期的にもやはり勉強とか大学とかそういう所を考えて日々を過ごさないと厳しい面があるなとやっと気付いた。

 

なんとなく、空気的な感じにももう少し情熱的に大学を考えるべきなのだろう。

 

基本的に納得しないとやれと言われてやらない人間(仕事みたいに強制力があったり、やらなくて誰かに多大な迷惑を被る場合は除いて)なのであまり勉強に対しての価値がよくわからず、こんな感じに過ごしてきた。

 

夏は最高に過ごせたし(何回も言うってことは相当なんだよね)毎日は楽しいし、この1年以上で自分が色々成長したのかなとも思ってる。

 

けど、もっと楽しい人間になれるかなぁとは思うかな、楽しい人間ってなんだみたいな感じだけど、簡単に言えば遊びに誘いたくなる人間なのかなぁ、人間の根幹にある好かれたい願望というものが露呈してきてるという事の表れなのかもしれない。

 

一人じゃ生きていけないので友達は多い方が良い。

 

少なくても大切な友達が多い方が良い。

 

良く分かんないまとめだけどこのまま書き留め、ありがとう。