読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきの日記

気ままに書きます

たまに雑談10/8

僕には定期的に明るい時期と暗い時期がやってくる。  

 

誰しもそういうものかもしれない。

 

多分今は暗い時期、精神的に病むとかは全くないけど、時々深く考えては絶望する。

 

そういう時に慰めるわけでもなく、いつも通りに笑える仲間が少しでもいたらいいんだけど、と何回も思う。

 

多分、人の悩みを察して元気付けてくれる仲間だとか、相談に乗ってくれる仲間とかは漫画やアニメの見過ぎなのかなぁって思うのだけれど。

 

友人がいないわけではないし、むしろ恵まれていて今は楽しく生きられているのだけど、それでも少しふわりと寂しさが舞ってしまう。

 

 

何ででしょうね、多分良く考える時期なのかなと自己完結してしまいたいけど。

 

 

唐突だけど、前からブログをご覧の方は知っている、僕はバンド活動をしている。

 

去年とかはあまり居場所がなかったのでバンド活動を比較的頑張っていた。

 

バンドの友人とよく遊んで、ご飯に行って、笑って、みたいな事ばっかりしてた。

 

今年は俺には居場所があるし、遊園地に行くとか家で遊ぶとか大富豪をするとかいう友達も全然いる、楽しい。

 

だからなのか、バンドの友人とはあまり話さないし、長い期間の空白というのは恐ろしいもので、仲が良かった人でさえ久しぶりに会うのは嫌だなあと感じてしまう。

 

それは最後に仲が良かった時に何かしらの暗さを俺が抱えていたからなのか、それとも空白の期間に俺が何かを考えて自己嫌悪しているからなのかは分からないけど、とにもかくにも長い間友人と会って喋って仲良くしていないとなんとも気まずいものである。

 

私情的な話が多いなあ、ごめんね、それで、近いうちにバンドの仲間達と遊びに行く話が持ち上がって、幸か不幸か、俺は誘われないと嫌な性格なのを知ってか誘ってもらえたんだけど、もらえたらもらえたで非常に気まずい思いをしてしまってとても辛い。

 

投げ出してやめたくなる嫌さとかじゃなくて、明後日に迫ったレポートの締切とか、お気に入りのカフェがなくなってしまうとか、それくらいの気持ちなんだけど。

 

今まで明るく振舞っていたのは無理をしていたのかななんて自分を労わってしまうくらいには今は少し物事を考えて暗くなってる。

 

それだけ。