ゆきの日記

気ままに書きます

三日月

「パンをこねるという言葉があるが、果たしてそれはパンなのか?」

 

「ん?何やら哲学的じゃないか」

 

「白い粉に砂糖や塩、ドライイーストと呼ばれる生地を膨らませるための材料などを混ぜ、生地をこねたらオーブンで焼き上げます」

 

「お腹が減ってきたな」

 

「つまりだ、パンというのはいつからパンになるのか?という話だよ」

 

「そりゃ、焼き上げた時からじゃないか?」

 

「じゃあなんだ、我々が作っているのは未完成パンという事か?」

 

「未完成パンって言うと堅いけど…」

 

「焼いたら硬くもなるさ」

 

「完成パンは柔らかいの?」

 

「いや、未完成パンは柔らかい。だってこねられるんだから」

 

「完成パンだってこねようと思えばこねられるよ」

 

「なんだ、理屈こねて」

 

「こねたら焼くんだよ」

 

「完成パンを?」

 

「そう」

 

「完成パンを焼くとメタ化パンになる」

 

「メタ化って?」

 

「要はあれだ、完成パンの上になるって事だよ」

 

「こねて焼いたら進化するの?」

 

「そうそう、進化パンって事だ」

 

「そんなに焼いたら表面がボロボロにならない?」

 

「それがクロワッサン」

 

「なるほどね。焼き加減、エクセレント」

 

「エクセレントじゃないよ、クレッセントだよ」

 

「誰かにかじられたからあんな形なのかな?」

 

「作っている最中にお腹がすいて我慢できなかったんだよ」

 

「そしたらパンが売れなくなっちゃうよ」

 

「苦労破産という事さ」

 

「儲けが出ないから店を畳んだんだね」

 

「店も焼きあがったってな」

 

「という事は、オーブンの使い過ぎで火事になったのかも」

 

「引火パンの完成だ」

 

「つまり、メタ化パン屋?」

 

「いや、未完成パン屋だったんだろう」

 

「なるほどね。それにしてもパン屋遠かったね、夜になっちゃったよ」

 

「さっさと買っていこう」

 

「あれ?クロワッサン売り切れだ」

 

「それに何だこの張り紙は」

 

"今夜は上で売ってます"

 

「なんだこれ、メタ化クロワッサン?」

 

「クロワッサンじゃないよ、クレッセントだよ」

 

「ちぇ、せっかく買いに来たのに」

 

「仕方ないから帰るしかないな」

 

「でも、もう帰り真っ暗だよ」

 

「大丈夫、三日月が出てるから」

 

「そっかぁ」

 

(終わり)