ゆきの日記

気ままに書きます

電話

電話の相手は、驚くほど早く応答した。

 

「もしもし」

 

「ん?」

 

「最近色々と辛くてさ」

 

「何があった?」

 

「まあ色々さ」

 

「なんだ、言いたくないのか?」

 

「口に出すのも辛いんだよ」

 

「そうか、その気持ち分かるよ」

 

「僕は何でも分かってくれるね」

 

「オール肯定さ」

 

「なんか、もう一人の自分みたい」

 

「ま、そんな感じだな」

 

「鏡に僕を映したとしてさ」

 

「ん?」

 

「それは僕であって僕じゃないよね」

 

「もう一人の自分か?」

 

「僕が僕を認識しているのとは少し違う自分さ」

 

「それは僕なのかい?」

 

「もう一人の僕は完全に僕の事を分かってくれるけど、それじゃ意味がないんだ」

 

「意味がないって、僕と話す意味が?」

 

「そう」

 

「何も楽にならないのか?」

 

「そういう事」

 

「誰かに話す事は大切だと思うけどな」

 

「それは勿論」

 

「僕と話したくないって言うのか?」

 

「僕と話していても仕方ないさ、つまり」

 

「つまり?」

 

「こうして一人で会話しても意味ないって事」

 

(終わり)