ゆきの日記

気ままに書きます

夜道

「夜道を歩く」

 

「うん」

 

「足元は砂利、闇夜にジャリジャリと音が響く」

 

「風情があるね」

 

「これは名が体を表しているかもしれない」

 

「というと?」

 

「音から名前が付いたかもって事さ」

 

「なるほど、鯛を表しているって事ね」

 

「鯛じゃないよ、体だよ」

 

「鯛もきっとそうかもしれない!」

 

「うん?」

 

「鯛を食べたい!釣りたい!って」

 

「それじゃただの駄洒落じゃないか」

 

「あ、そっかぁ」

 

「まあつまりだな、名前がその様子をよく捉えているのさ」

 

「なるほどねぇ」

 

「例えば、ジャリじゃなくてガリ

 

「また一緒にお寿司を食べたいな」

 

ガリッと噛んで口直し」

 

「風がふうっと吹くのもそうかな」

 

「こんな夜じゃ桶屋もやってないけどな」

 

「足元くらいしか見えないし」

 

「今夜は星が出てないから暗いな」

 

「あっぶね、カエル踏みそうになった」

 

「おいおい、気を付けろよ」

 

「鳴いてくれたら気付くのに」

 

「風の鳴き声しか聞こえないな」

 

「うん、寂しくない」

 

「…」

 

「…」

 

「…」

 

「…」

 

「よし、帰るか」

 

「何かと思ったらまたカエルかぁ」

 

「カエルは飼えないな」

 

「えー、そうかな」

 

「代えるつもりか?」

 

「代えるだなんて思ってないよ」

 

「そっか」

 

「うん、でさ、何を祈ったの?」

 

「どうかな。お前は?」

 

「そりゃ、ポチが天国で幸せになりますように、だよ」

 

「そうか」

 

「で、何を祈ったの?」

 

「うん、同じ事さ」

 

「楽しかったね、ポチとの生活」

 

「桶に入ってばっかりだったな」

 

ケロリン気に入ってたね」

 

「去年の同じ日は一緒に寿司も食べたな」

 

「と言ってもガリだけどね」

 

「もう散歩もできないと思うとな」

 

「この神社の砂利道を歩く事もないね」

 

「でも大丈夫、空から見守っててくれるよ」

 

「あれ、いつの間に」

 

「ほらな」

 

「星が出てる」

 

(終わり)