ゆきの日記

気ままに書きます

〔8/1〕夏休み0日目:「ぐるめるめ」

 明日の2限の試験が終われば長かった期末試験の期間も終わり、ついに!ついに大学1年生の夏休みが来ます。梅雨も明けて最近はめっきり暑く、「あちー」と言いながら街を歩く日々です。家でダラダラするに限りますが、お出かけもたくさんしたい夏ですね。

 

 高校2年生の夏は毎日ブログを更新して夏休みを記録していました。高校3年生と浪人の夏休みは、べつにそれほど勉強していたわけではありませんが、受験生という体もあってブログにそれほど時間を割くほどでもなく、そもそも何もしていなかったので記録することもありませんでした。という訳で、実に3年ぶりに夏休み日記をつけたいと思います。

 

 さて0日目です。7/31は先輩の友達の誕生日を祝って、昼まで寝て、さらに3時間も昼寝してという感じでした。勝手に先輩の家の生ハムを食べて怒られました。めちゃくちゃいい生ハムって感じがしてましたもん。しかも開いてなかったし。夕方に先輩でありドラムを叩く人と合流して僕の家でだらだらと勉強したり喋ったりして過ごしていました。もう1人来る予定だったのですが、お布団に入ったという報告と、暗い部屋の写真が送られてきただけでした。おやすみなさい。その日はビーフシチューを作る会があって、ついでにステーキを焼いて食べるという企画もあって、じゃあ一緒の日にやろうという感じになりました。ちなみにバイトに出向いたベースを弾く先輩が深夜1時頃に合流する予定だったので、それに合わせて作ろうかという気持ちでいました。楽器を弾いたり音楽の話をしたり、勉強の話やら料理の下準備やら何やらをして待ちました。

 

 最近はよく料理をしているので料理の話でもしますか。でもビーフシチューも言うほど難しくないんですけどね。まず玉葱、にんにくを適当に炒めます。玉葱は飴色になるくらい。ここが火加減が難しく、焦げないように根気よく炒めていきます。味の深みが出るし、甘くもなるのでちゃんとやりましょう。そのあとせろり、インゲンや人参、ジャガイモなどを入れてしんなりとするまで炒めます。これもまた焦げないように注意が必要です。そしたら牛肉を用意して、塩胡椒で下味をつけます。よく揉みます。こだわりなのですが、岩塩とあらびき胡椒を使ってます。そうしたら小麦粉をまぶしていきます。で、別のフライパンで焼き目がつくくらい焼いていきます。中まで火を通さなくていいです、なので中火くらいでしっかり焼いて、余った小麦粉も入れて、そうしたら赤ワインを入れて味に深みを出していきます。料理用の赤ワインを使っています。ちゃんとアルコールは飛ばしましょう、はねるので気を付けてください。そうしましたらさっきの野菜と合流してひと炒め、そのあと水を入れて沸騰させます。牛肉なのでめっちゃあくが出ます、きちんと取りましょう。あくを取ったらトマトを入れます、ここもこだわりでトマト缶ではなくてパッサータというものを使っています。トマトなんですが、直搾りみたいな感じでしっかりトマトの味がして美味しくなるので好きです。そしてローリエを入れて、煮込んでいきます。ローリエは臭みを取るはたらきがあります。靴箱に入れましょう。塩胡椒も加えます。ここからはとにかく煮込みます。根気よく、たまに底から混ぜて。カレーもそうなのですが、本当に弱火でじっくりコトコトすればするほど美味しくなっていきます。さっき小麦粉を入れたおかげで煮込んでいくととろみが付いていきます。僕はとろみも料理の完成の目安になると思っています、ですのでいい感じになるまでひたすら煮込みます。ちなみに自慢でもなんでもなく、僕のおおさっぱな性格の話なのですが、大さじ小さじとか一切使いません。オール目分量です。オール目分量のコツとしては、味見をしましょう。結局はおいしい料理になればいいのです。複数の調味料を使うときは、レシピなどの比をちゃんと見ましょう。比率さえ正しければ味を間違うことはないです。あとはそんなこんなしていたらビーフシチューができます。

 

 ステーキは少し叩いて、切れ目を入れたりなんかして、火が通りやすいようにします。今回はミディアムレアで焼きます。基本的にうまくウェルダンで焼くことが難しいので、表面が焼けてちょっとしたら大体ミディアムレアになっていると思っていいです。怒られたらすみません。もちろん下味はつけてよく揉んでおきます。黒瀬のスパイスというおいしいスパイスを使います。

 

 来る予定だった人を合わせて4人だったのですが、1人分ステーキが余ったので、贅沢に細切れにしてガーリックライスに使います。玉葱は今回入れず、にんにくを刻んだものとスライスしたものにしてオリーブオイルで炒めていきます。このときにちょっとバターを入れてもいいですね。あ!一緒にお肉も焼いていきます。細切れ牛肉を使うってかなりいいアイデアですね、この前行った鉄板焼きのお店で見たのでいただきました。火が通ってにんにくが少しカリカリになってきたらご飯、バターを加えていきます。箸でほぐしてパラパラにするような感じで混ぜます。味付けは塩胡椒を少しと、醤油です。この前だし醤油を作れるキットを買ってきて、醤油を入れてかつおだしを出していたのを使います。ガーリックライスに合うのか?と思いましたがめちゃめちゃよかったです。そこにパセリを振りかけて、ご飯を炒めて、盛り付けのときにねぎのみじん切りを少しかけて完成です。

 

 さて料理の話が長いですね。めっちゃ長いですね、すみません。もう最高の日になる予感がしてたのですが、バイトだった友人が合流しました。めちゃめちゃ楽しそうに帰ってきて、「神の飯だ」とみんなで騒いでいました。陰鬱だと思っていたバイトが最高だったらしいです。いえーい。どうでもいいのですが、複数の料理を同時に出すって大変ですね。ビーフシチューはほぼ完成したくらいで火を止めておいて、ガーリックライスも熱いフライパンの上で冷めないようにしました。来る直前にまた火にかけて、ステーキは冷めやすいので最後に作りました。みんなでいい日といい友人に乾杯して最高な気分で、いい音楽をかけながらご飯を食べました。そのあとは適当に他の友人達と通話したり、喋ったりして過ごしました。朝くらいまで過ごして、徹夜で学校行くか~という感じだったのですが6時頃に眠くなって僕は寝ました。7時頃に2人は寝ました。友人は試験に寝坊しました。

 

 そのあとは昼の2時くらいまで寝て、試験終わりの友人と合流して、だらだらしました。スタバに行って先輩にごちそうになりました。バニラクリームフラペチーノチョコソースチョコチップエキストラソースエキストラチップを飲みました。呪文かよ。このメニューを頼むのもスタバに行くのも3、4年ぶりでしたね!なつかしい。

 

 そして夜ご飯は僕の家で牛タン定食をやる予定だったので下準備をします。また料理の話ですね。某牛タン屋の真似で、ごはん、とろろに加えてテールスープ、漬物などを作っていきます。牛テールを冷水につけて1時間血抜きをします。そのあと牛テールを洗い流すのですが、すこし握ると血がにじみ出てくるのでそれもちゃんと流します。味が落ちちゃうから!塩をふって下茹でします。強火で沸騰させたあと中火で10分くらいですね!あくがめっちゃ出るので取ります。ちゃんと取ります。ざるにとってそのあとは酒と塩をふりかけて20分くらい置いて、せろりの葉と長葱と玉葱を入れて、酒とみりんを入れて鍋で煮込んでいきます。これもひたすら煮込んで、出る脂やあくを丁寧にとっての繰り返しです。味見していい感じになったら料理終了です。すべて目分量だぜ!

 

 漬物を作ります。前日から作ります。紫蘇の実と青菜(小松菜やほうれん草など)、人参、大根(入れ忘れた)などを塩で揉みます。そして半日とかおいて水分を捨てます。だし醤油に砂糖を入れて、加熱して溶かしたのを加えます。また半日とかおいて完成です。美味しければ何でもいいです。

 

 あとは適当にお肉を焼いたりご飯をついだりします。先輩と2人で食べて色々なお喋りをして寝ました。もう健康的なので恋バナや勉強の話などをしました。疲れていたのですぐ寝ました。友人から電話があったらしい。

 

この1日は色々な美味しいものを作って食べて幸せでしたね。豪遊って感じなのですが、家で作るとめちゃくちゃお手軽です。牛タン定食なんか1/3くらいの値段で作れますもん。ビーフシチューも1人350円くらいですし。最高な8月の始まりでした。