ゆきの日記

気ままに書きます

〔8/8〕夏休み7日目:「つきまで」

 さーて合宿は休んで引きこもりになったし、体調は少し良くなってきて、寝てるのにも飽きたから何をしようかと思って、ベースを弾くことにしました。3月頃からずっとジャズをやりたいって言っていたので、じゃあやるしかないじゃん!ということです。

 

 僕はジャズと言えばビル・エヴァンスばっかり聴いています。もちろん有名なAutumn LeavesやWaltz for Debbyも好きなんですけど、WitchcraftとかIn Love In Vainとか、カバー曲ならSanta Claus Is Coming To Townとかも好きです。Portrait in jazzは有名な盤ですけど無限に聞いているし、とにかく好きなんです。

 

 けどまずは何の曲をやろうかなと思って、Fly me to the moonを選びました。この曲はエヴァで有名らしいのですが、エヴァを見ていないので知りませんでした。アチャ。何で知ってるんだっけな、スマホフランク・シナトラのが入っていたのでそこから知ったのかな。

 

 とりあえずジャズは聴くだけで演奏のいろはも知らなかったので軽く理論から勉強しました。ウォーキングベースの作り方とかね。

f:id:yuki-no-blog:20190814102741p:plain

 こんな感じです。勉強するだけなのもあれだったので自分でまとめてみました。知り合いのベースの人が見て勉強する時間が減ればそれはそれで嬉しいし。本当は五線譜で書くべきなんですけど、個人的に3度5度とクロマチックが指板上の関係で分かりやすい方がいいかなと思ってtab譜にしました。基本的にウォーキングベースは以上の話で完結してます。伴奏にコードトーンを入れるのにこだわる必要はそこまでないし、とにかく移り変わりのコードと経過音が大切なので。

 

 あとはソロの勉強をしたんですが、これが難しい。当たり前ですけどね。ソロの話になってくるともちろんコードトーンを入れなきゃならない。とりあえず何個かのツーファイブフレーズとターゲッティングの練習をして、何回か曲を流してみて、さっそく録音してみました。そこまで悪くもない出来です、良いかと言ったら微妙だけど。これはTwitterに載せてますので是非。

 

 次はAutumn LeavesかジャズじゃないけどIsn't she lovely(先輩の好きな曲)とかをやってみようかなという感じです。もっと理論の本を買って勉強しようかしら。あとスタンダードの譜面集も欲しいなあ。ではこのへんで。